プロミスの借り方

MENU

消費者金融で初めてお金を借りようと思った時「どこで借りるのがいいのかわからない」と言う方がおられます。そんな時おすすめなのが「プロミス」です。

 

はじめてお金を借りる時は不安感や心配もありますが「安心して借りられるところ」「今すぐに借りたい」と言うような期待すべてに応えられるのが「プロミス」です。

 

数ある消費者金融の中でもSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループの傘下にあり、「安全性」「安心感」は他の消費者金融に比べて劣るものではありません

 

「プロミス」は「無利息期間」や「レディースコール」、「会員サービス」など、利用者の立場に立って考えられたサービスが用意されていますので、お金を借りたいと思った時「プロミス」はおすすめの消費者金融です。

 

最短1時間

プロミスの審査申し込みはコチラから

 

申し込みをしたその日に借りる

プロミスの即日融資は定評があり、平日の午後2時までに契約が完了すれば、指定した銀行口座に振込をして貰えるので、申し込み時間帯によってはその日のうちにお金が借りられます。

 

口座が一般銀行の場合は平日に限定されますが、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があればこの限りでなく、24時間借入申し込みをすれば瞬時にお金が振り込まれます。

 

「プロミス」で即日融資に人気が有るのが、平日だけでなく自動契約機を利用すれば、土日祝日でも即日融資で審査が受けられるという事です。自動契約機は「プロミス」だけでなく、三井住友銀行の自動契約機も利用できるようになり、さらに利便性が向上しています。

 

自分の環境に合わせた申し込み方法が選べる

プロミスの利便性は、それぞれに環境が違ったユーザーのために、多くの申し込み方法が用意されている事です。

 

最近の申し込み方法で主流になっているのが、パソコンやスマホを使い、インターネットから申し込みむ方法で、ネット申し込みなら24時間何時でも申し込みが可能で、店舗へ出向くことなく申し込みが出来る便利な申し込み方法があります。

 

その他にも、自動契約機、電話での申し込み、郵送による申し込み方法があるので、生活環境に応じた申し込みができます。

 

これだけの申し込み方法があるにも関わらず、どの申し込み方法でも、審査は最短30分で結果がわかるので、その日のうちに借りられるので心配する必要はありません。

最短1時間

プロミスの最短30分審査はコチラから

 

充実の会員サービス

「プロミス」では利用者の立場に立った会員サービスが用意されています。

 

口座への振込みが最短10秒で行われる「瞬フリ」や貯めていくだけで新たなサービスが受けられる「ポイントサービス」、増額したい時も会員サービスの「増額変更申し込み」から申し込みが可能です。

 

また「インターネット返済」ならパソコンや携帯、スマホから24時間銀行振込が可能で、なおかつ振込手数料が無料と言うお得な返済方法も利用できます。

 

また「口フリ」を利用すれば手数料0円で自動的に返済額を引き落とすことも出来るようになります。

 

口座返済以外の人にとっては「ご返済日お知らせメール」が利用できます。
このサービスは返済日の前にメールで知らせてくれるので「返済日をうっかり忘れていた」という事がなくなります。

 

プロミスの借り方は3ステップ!申し込みから融資までの流れ

プロミスの申し込みから審査までのおおまかな流れ
インターネット申し込みの場合

プロミス公式ホームページの申し込みページ
↓↓↓
①必要事項の入力
↓↓↓
②審査(最短30分)
↓↓↓
③カードの受け取り方法を選択(自動契約機か郵送どちらか)
↓↓↓
申し込み完了

 

となります。

最短1時間

プロミスの審査申し込みはコチラから

 

最速で借りるには、インターネットから申し込みをし、仮審査の結果を待って自動契約機(三井住友銀行のローン契約機も利用可)へ行き、契約機から本審査を受け、本審査完了後に契約後、カードを受け取るという方法が一番早くなります。

 

土日祝日でも即日融資が可能

プロミスは土日や祝日でも即日融資が完了出来るというのも大きな魅力です。

 

ネット申し込みみも24時間対応しているので、土日でも審査業務を行なっている時間帯ならキャッシングの申し込みをして審査を受けることが出来ます。

 

金融機関が休みなので、融資を受けることが出来ないと思われがちですが、全国に設置してある自動契約機を利用すれば、その場でカードを受け取り、提携ATMから融資を受けることができるのも強みです。

 

プロミスの審査は厳しい?

まず知っていただきたいのは、貸金業法の改正以後は審査が厳しくなっています。
ただし、「プロミス」の査通過率は40%前後です。

 

審査通過率が40%は厳しい数字というイメージを持たれるかもしれませんが、キャッシング業界の中では難しい方ではなく、キャッシングを申し込みむ人の中には、他社での借入をしている人も多く、信用情報の属性が低くなる傾向にあるため、どうしても審査通過率は下がってしまいます。

 

プロミスの口コミをチェック!

口コミや評判を見ても、金融ブラックでない限り、審査は非常に高い確率で通過しているので心配する必要はありません。

 

「プロミス」や他の消費者金融の審査基準に関する情報は、ネット上に溢れていますが、実際には、消費者金融の審査基準に大きな違いというのはありません。

 

基本的には総量規制の年収の3分の1以上の融資という制限を超える事は出来ませんし、債務の総額が年収の3分の1を超えているときは審査対象にもなりません。また、現在ブラックと呼ばれる人は、審査に通るという事は厳しくなります。

 

実際のところ、申し込みをしてみないと審査に通るか通らないかはわかりません。
プロミスには「お借入前診断」があり、わずか数項目を入力するだけで、借入が可能かどうかのおおよその判断が出来るので、借入前に試してみる事をおすすめします。

 

最短1時間

「お借入前診断」はコチラから

 

【プロミス審査の口コミ評価は?】
  • 困ったときに相談にのってくれ、親身になって対応してくれる
  • そこまで収入が高くなかったが借りられた
  • 審査に不安を持っていたけどカードを作れました

 

審査に関しては、口コミでは「厳しい」と感じた方はあまり見受けられないようです。困っていて相談したら親身になって対応してくれたといった口コミは多く見られますね。審査が甘いということはないですが、審査対応に関する満足度は高い印象です。困ったときにはプロミスに相談してみるとよいかもしれません。

 

プロミスの審査スピードは早い?他社と比べてどう?

即日融資を希望する方にとって審査スピードがどれだけ早いかは重要なポイントです。即日融資可能なカードローンでも、審査にかかる時間には差があるからです。例えば銀行カードローンでも即日融資可能なところは多いのですが、その審査時間をみてみますと「最短即日審査」となっています。しかし、口コミで確認すると、なかにはかなり時間がかかっているケースが多い場合にも「即日融資可能」としているところもあります。審査時間はあくまでも「最短」であり、平均的にどのくらいかかるかといったことが書かれているわけではないからです。

 

プロミスの審査時間は最短30分、審査スピードの早さにも定評があります。もちろん、審査状況によっては時間がかかってしまうケースもありますが、大手消費者金融は各社基本的に審査が早いのが特徴です。

プロミスはどんなカードローン?

はじめてプロミスを利用するという方の多くは「プロミスってどうなの?」と思われるのではないでしょうか。プロミスは大手消費者金融のなかでも1,2を争う知名度もありますし、比較サイトなどをみてもランキングでは必ずと言っていいほど上位にランクインしています。カードローンのなかではたいへんおすすめな1社であることは間違いありません。しかし、漠然と「どうなの?」と聞かれても、回答が難しいところがあります。

 

「プロミスってどうなの」か、それは利用する方がどういった基準でカードローンを選ばれるのか、といった部分でも違ってきますし、また実際に利用してみると思ったのと違う部分や公式サイトなどからは見えない部分もあります。プロミスがどんなカードローンなのか、様々な条件ごとに実際に利用した方の口コミや評判をふまえながら徹底解析していきます。プロミスってどうなのか、ご自身の希望する条件や状況に沿っているのかどうかを見極めてください。

 

プロミスの利息は高い?

プロミスは大手消費者金融のキャッシングサービスです。消費者金融=金利が高いといったイメージを持っている方が多いかと思います。確かに消費者金融に比べ、銀行カードローンは低金利なものが多いです。プロミスの金利が実質年率4.5%~17.8%なのに対して大手都市銀行系カードローンは4.0%~15.0%程度となっており、一番高い金利の部分では3%近くの差があります。

 

しかし、消費者金融のなかではどうか?といいますと、大手消費者金融各社の最高金利がのきなみ18.0%なのに対してプロミスは17.8%ですので、プロミスの金利は競合他社の間では若干ではありますが低金利とも言えます。また、プロミスの場合には、30日間の無利息サービス期間がありますね。プロミスの利用がはじめての方でしたら、Eメールアドレスを登録のうえWeb明細の利用で30日間無利息で利用することができます。このサービスを利用すれば、借入期間によっては銀行カードローンよりも利息を抑えることも可能です。

 

【口コミでのプロミス利息の評判は?】
  • 無利息期間内で完済したので利息0円だった
  • 金利は高めではあるが利便性を考えると無難
  • 金利は実際に返済してみるとそれほど高くなかった
  • 多く借りなければそれほど負担はない

 

金利については高いと感じる方はやはりいるものの、その分利便性などサービスの質の高さや無利息期間があることなどで、金利に対してマイナスなイメージを持っている方は少ないという印象があります。また、小額の借入であれば、利息に換算するとさほどの差が出なかったという意見もいくつか見られました。

 

【プロミス審査時間の口コミ評価は?】
  • 申し込みからカード発行までは2時間くらいでした
  • 審査時間はとにかく早く30分程度でした
  • 1時間くらいで借りられたので急な出費にも対応できました
  • 審査スピードは圧倒的に早かったです

プロミスで実際に借りた方の口コミ

 

アルバイトでもお金を借りやすそうということでプロミスに申し込みをしました。スマホから申し込みをして、審査結果の連絡も電話ですぐきました。対応が思ったよりもずっと低姿勢で丁寧で、審査が早くて、手続きは全部で3時間程度だったと思います。返済も携帯料金よりも安いから返していくのも楽です。
(20代・男性・アルバイト)


 

 

プロミスは無利息サービスがあるので嬉しいです。スマホで申し込みをして、審査時間も早かったです。金利は17.8%でしたがまあ普通かな。免許証だけで借りられたので手軽だし、借りやすいカードローンだと思います。
(20代・男性・会社員)


 

 

デート費用など工面するのにプロミスを利用してました。審査時間は凄く早くてだいたい1時間くらいだったと思います。金利は最初17.8%でしたが、使っているうちに限度額の増額がけっこうできたのでそれに伴って金利が少し見直されたのは嬉しかったです。
(20代・男性・アルバイト)


 

 

昔の消費者金融のイメージが強くて実際借りるまでは不安だったんですが、プロミスはかなり良心的で使いやすいです。サービス内容なんかも使ってみてわかったんですが、銀行カードローンなんかと比べてみてもかなり優秀ですね。審査は2時間ほどで終わりましたし返済も毎月無理のない額で安定して返していけます。借りやすいし返しやすい、ほんとうに使いやすいカードローンです。
(30代・男性・会社員)


 

 

消費者金融は怖い印象があったし、やはり借りるなら知名度の高いところにしておこうと思って、プロミスは三井住友銀行グループ系だということで安心して使えるんじゃないかと。対応してくれたオペレーターの方がとても親切で丁寧に説明してくれたので、いろいろと相談しながら手続きができました。次の給料日までの短期の借入のつもりだったので、ちょうどプロミスの無利息サービスが利用できてよかったです。
(20代・女性・会社員)


 

 

警備員のアルバイトをしていますが、それだけではやっていけないときにプロミスを利用してます。申し込みは自動契約機で、免許証持っていきました。金利が高いという印象がありましたが、思ったよりも負担にならなかったのでよかったです。
(50代・男性・アルバイト)


 

最近の口コミをみてみますと、プロミスの審査時間は個人差はもちろんありますが大体2時間程度の方が多い傾向のようです。審査スピードは早い・満足と感じている方がほとんどです。もちろん、申し込み者によってはもっと時間がかかってしまうケースもあるかもしれませんが、基本的に審査スピードの面では他社と比較しても早いカードローンであることは間違いなさそうです

 

最短1時間

プロミスの審査申し込みはコチラから

 

プロミスの増額は可能?

まずプロミスの場合には貸金業者ですから、総量規制によって個人の借りられる額の総額は年収の3分の1までと制限が決まっています。この総量規制の範囲内でしか借りることができませんので他にも借入があるという場合には注意しましょう。

 

カードローンの利用限度額は申し込み時、審査によって決定します。しかし実際のところは新規契約の際の利用限度額は高くても50万円程度でスタートとなるケースがほとんどであり、プロミスでも同様のようです。ですがこの利用限度額はずっと同じままではありません。プロミスでは、定期的に利用限度額の見直しを行っています。契約後6ヶ月程度の時点で見直しをして、対象となる方には増額についての案内をしているようです。

 

増額が可能かどうかは取引状況にもよります。特に期間中返済に遅れがあった方や他社借入が増えているという方は増額は難しいかもしれません。希望する方は会員サービス内の「限度額変更申し込み」から申し込みをするか電話で問い合わせをしてみましょう。

 

【プロミス増額に関しての口コミや評価は?】
  • 契約してから半年程度で増額案内がきて50万円から100万円になりました
  • はじめは5万円ほどでしたが3ヶ月後には10万円に増額、その後さらに50万円に増額してもらえました
  • 年収がアップしたことで増額してもらえました
  • 利用中におまとめの提案があり、3社おまとめすることができました

 

プロミスの口コミをみますと、意外と増額に成功している方が多いようです。なかには半年待たずに3ヶ月程度で小額ながらも増額に成功している方も見受けられました。もちろん、増額には審査がありますので誰しもが増額に成功するわけではありませんが、返済が遅れることなくきちんと利用を続けている方の場合には、プロミスの増額の可能性は高いのかもしれません。

プロミスのメリット・デメリットについて検証!

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は人気のある大手消費者金融です。
プロミスは安心して利用できますが、利用をする上での利点や欠点が存在します。

 

キャッシングにはどこで借りるにしても少なからずデメリットがあるものですので、お金を借りられる点ばかりに注目するのではなく、メリットが有る代わりにデメリットがあるという事を理解しておきましょう。

 

プロミスのメリット

プロミスは多くの良い点がありますが、中でも話題や評判になっているのが、最短即日融資が可能という点です。

 

プロミスでは申し込みみ当日に銀行振込みで借りることも可能で、平日14時までにWeb契約を完了させると、当日中に口座へ振り込みをして貰う事が可能です。

 

14時を過ぎてしまった場合や、土日や祝日でも、ネットで申し込みみをした後、契約機でカードを受け取る方法なら、休日でも即日融資も受けられます。契約機まで行かなければなりませんが、週末でも夕方でも営業時間内なら、カードが即日で受け取れるのは大きなメリットと言えます。

 

プロミス独自の会員サービスにある「瞬フリ」を利用すると、365日24時間対応の最短10秒振り込みも可能となります。ただし、三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかの口座登録が必要となりますが、来店不要でお金を借りるというメリットになります。

 

プロミスのデメリット

プロミスで、申し込みをする、または借入をすると、信用情報機関に履歴が残ります。
借りても返済が遅れずにしっかりと完済をすれば信用度が増しますが、返済遅れが何度も重なると、今後のローン審査に大きな悪影響を与えてしまいます。

 

その他、遅れはないとしてもプロミスに借入がなくても契約しているというだけで、住宅ローンなどの大口のローン審査には何らかの影響が出る場合もあります。

 

近いうちにローンを組む予定のある方については、プロミスからの借り入れは慎重に、または早めの完済が出来るような利用の仕方とした方が良いでしょう。

 

キャッシングでお金を借りるデメリットは、プロミスに限ったものではありませんし、他の消費者金融を利用するとしても同じです。プロミスだけに限らず、キャッシングを使う際には計画的にという事が基本となります。

プロミスの審査で知っておきたいポイントはココ

SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」は、テレビCMや電車などの交通機関の広告などで目にする機会も多く、知名度バツグンの大手消費者金融として、口コミでも評判が高いですし、人気ランキングでも永続的に3位以内を何十年も続けています。

 

そのような人気のあるプロミスの申し込みを検討されている方へ、審査前に知っておきたいポイントをわかりやすく書いてみました。

 

プロミスの審査

プロミスの審査前にチェックするべき内容ですが、まず基本条件として20歳以上69歳以下の方で、安定した収入が有る方が対象で、なおかつ総量規制に引っかかっていないことです。

 

総量規制とは「融資限度額は年収の3分の1を越えての融資は出来ない」という法律です。それ以上の借入を希望しても審査で落とされてしまいます。

 

特にキャッシングは初めてと言う方は色々と不安があるものですが、それほど難しく考える事はありません。プロミスの審査を受ける時、以下の3点を注意すればよほどの事がない限り、審査に落とされるという心配は必要ありません。

 

安定した収入が有る

キャッシングはプロミスに限らず、どこのキャッシング会社の審査を受ける上で最も重要な項目になります。

 

申し込み条件にあるように、安定した収入が有れば、正社員に限らずパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申し込みが出来るので心配する必要はありません。

 

他社借入で延滞や滞納がない

ここ3ヶ月以内に他の金融機関(クレジットカードや、携帯料金なども含む)で1日でも返済が滞ったという記録が有れば、プロミスの審査に通過することは難しいです。

 

ただ、他社で借入れをしていても、きちんとした返済実績があれば信用度が高くなり、プロミスが2社目の借入れでも審査通過の可能性はあります。が、必ずと言うわけではありません。※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

 

申し込み書の記入ミスや嘘の記載に気を付ける。

審査で落とされる最も多いのが、申し込み書の記入ミスと言われています。
提出前は再確認してから提出しましょう。

 

また、少しでも多くを借りたいと思って他社の借入額などを、少なく記入する事を考えますが、嘘の記載をしてもバレるので正直に記入する事が重要です。

 

プロミスのネット申込「フル入力」と「カンタン入力」

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、口コミやランキングサイトでも常に上位に位置している人気のある、大手消費者金融です。

 

中でもWEB契約は即日融資で借りたい時や書類の郵送がない事で知られています。
WEB契約には「カンタン入力」と「フル入力」があり、どちらかの申し込み方法を選ぶ必要があるので、その違いは何なのかを見てみましょう。

 

カンタン入力

カンタン入力からの申し込みみは、フォームへの入力項目が少ない、文字通り簡単な手続きができる申し込みみ方法です。必要最低限の項目の入力で済むので、Web上での入力自体は素早く進みます。

 

ただ、審査の際に必要となる情報は「カンタン入力」も通常の「フル入力」も違いはなく、Web上で入力をしていない項目に関しては、申し込みみ完了後にかかってくる担当者からの電話に伝えることになります。電話のやり取りで細かな部分を伝え、必要な情報が全て揃い次第、プロミス側で審査が始まります。

 

通常の「フル入力」であればWEB上での申し込みみ後に審査が行われ、入力内容に不備などがなければ審査結果の連絡や、本人確認などの電話がかかってくるだけになります。

 

カンタン入力で注意するポイント

電話で詳細な内容を伝えるカンタン入力は、かかってくる電話に出られないとか、対応ができなければ審査は行われません

 

「カンタン入力」は、入力時間だけ見れば早く終わるのは事実ですが、例えば仕事の休憩時間や隙間時間を利用して「カンタン入力」で進める方もいます。しかし、その後に電話がかかってくる頃には仕事が始まっている、または電話に出られない状況になっていると、結果的に時間がかかってしまうのです。

 

入力項目が少ない事はメリットのように感じますが、実際には通常のWeb上での申し込みみである「フル入力」に比べると電話という手間がかかります。電話での応対が問題ないなければ「カンタン入力」も良いのですが、無駄な時間なく申し込みみを進めたいと考えるなら、やはり「フル入力」が良いでしょう。

 

ただ、「フル入力」なら電話はまったくかかってこないという事ではありません。
申し込みみ内容や、審査結果次第で何らかの確認の電話が入る可能性もあります。

 

どちらにしても、電話の対応を早く終わらせることが重要で、早ければ早いほどお金が借りられるまでの時間は短縮できます。

更新履歴